札幌のこんな物件は要注意!4回の引っ越しで知ったこと。

引越し,札幌市

この記事がおすすめの方
  • 入学や就職、転勤で札幌に引っ越す
  • 札幌での物件探しに失敗したくない
  • 実家暮らしから一人暮らしをする
すすきのや大通り、札幌ドームや藻岩山など華やかなイメージのある日本五大都市である札幌市

そんな大きな街で「住む」と言われてもイメージできませんよね。

この記事では札幌に詳しくない方へ向けた、物件の注意点と不動産屋に聞くことで損しない3つのことを記載しています。


慣れない環境で生活するには、居心地のいい自分の空間が必要不可欠です

あなたがこの先我慢の多い生活にならないようお役立てください。

それでは見ていきましょう!

こんな物件は要注意

私が4回の引っ越しから経験した物件の注意点を皆さんにお伝えしたいと思います。

ごく一般的な内容に加え、札幌ならではの注意点もありますので、物件探しの参考にしてください。
要注意物件
  1. 新築に騙されるな!
  2. 駐車場が無いところは注意
  3. メイン通り付近の物件はキツい

新築に騙されるな!

「新築のアパートで家賃5万円」とってもいい響きですよね。

私もその話に惹かれて1年半住みました。
最初は綺麗な水周りとお部屋に満足していましたが、5万円/月の理由が少しずつわかってきました。
  1. 排水の音がとてもうるさい
  2. 部屋が暖まりにくく灯油代金が異常
  3. 隙間から虫が入り込んできた
  4. 壁床が薄く生活音が丸聞こえ
  5. 湿度に気をつけていてもカビや結露ができる
立地によって変動はありますが、まともな新築アパートの家賃は6~8万円程です。

あまりにも格安な新築物件には、それなりの理由があるようです。
ちなみに冷暖房をつけなかった時の室温は
夏➪38℃ 冬➪1℃

とても家でくつろげる温度ではありませんでした。

駐車場が無いところは注意

車を持っている、または札幌で買う予定の方はなるべく駐車場付き物件を探してください。

札幌は、中心部以外は車が無ければかなり不便です。

契約駐車場もありますが、常に満車で駐車場が足りていないと感じます。

私の知人が引っ越し先付近の契約駐車場に空きがなく、有料駐車場を利用して2~3万円/月かかったなんてこともあります。


中心部や駅近物件ほど駐車場が足りないので、要注意です。

メイン通りの物件はキツい

都会の暮らしに慣れた方は特に気にならないかもしれません。

ですが初めての都会暮らしの方は、本当にきついでしょう。
  1. 車の走行音やサイレンがすごい
  2. 街灯が高く3階でも明るすぎる
  3. 繁華街が近いと週末が特にうるさい
虫やカエルの鳴き声の比ではありません。

本当に気になるし、サイレンの音で不安感もあります。


また、冬になると高い雪山で視界が狭くなり、運転手から歩行者の認識が難しくなります。

駐車場への出し入れも非常に大変です。

不動産屋に聞くべきこと

上記「こんな物件は要注意」以外にも不自由ない生活のために、気をつけて欲しいことがあります。
  • ストーブ、ボイラーの年数
  • 冬の付近の道路状況
  • ロードヒーティング費用について
これらは不動産屋に確認しオーナーとの交渉次第で、損をしません。

逆を言えば、これらを確認しないと損する可能性があります。


具体的に確認してほしいポイントがありますので、続きをご覧下さい。

ストーブ、ボイラーの年数

新築以外の物件では必ず確認してください。
ストーブ、ボイラーの耐用年数をあらかじめ知っておくことで、居住中の故障を無くすことができます。

ストーブ ➪ 5~6年
ボイラー ➪ 約15年

大抵のオーナーは壊れるまで交換はしてくれません。
入居者がなく、長い期間使われなかったことで、壊れやすくなっている場合もあります。

良いと感じた物件があったら不動産屋に
「ストーブ、ボイラーの使用年数は?」
「壊れてなくても交換してくれるか」

を聞くようにしましょう。

冬の付近の道路状況

車を持っている、買う予定の方はとっても大事です。
札幌は街の広さ、交通量に対して圧倒的に除雪業者が足りていません。

「除雪されるか?」ではなく

「常にすれ違うほどの幅はあるか、埋まる車はいないか」

というように、除雪されていない想定の聞き方をすることで、冬期間の道路状況を正確に教えてくれます。

実は札幌市の積雪量は、北海道の118市町村中30位前後の積雪量があります。2022/01/28時点の積雪量は約100cmと無視できません。
(札幌管区気象台より)


駐車場内の雪を捨てられる場所なども考慮したいですね。


除雪用具の詳しい記事はこちら

ロードヒーティング費用について

札幌市のアパート、マンションではロードヒーティングの駐車場が多いです。

ロードヒーティング費用は12月から3月にかけて3~5千円/月の支払いが発生します。

物件によっては、駐車場契約者にロードヒーティング費用がかかるのではなく、入居者にかかる物件もあるんです。


こちらから言わなければ、駐車場を借りていないのに費用を支払う可能性があるので、しっかり確認しましょう。

ハザードマップは絶対見て!

北海道では、ブラックアウトの原因となった2018年に発生した胆振東部地震では札幌市でも大きな被害がありました。

また、豊平川や石狩川など主要河川もあり、災害が無いと言い切れる都市ではありません。


災害はいつ起こるか分からないので「、短期間だから大丈夫」と気を抜かず、できるだけ低リスクの物件を選ぶようにしましょう。

(札幌市ハザードマップ)

冬期間の災害時に必要な道具が知りたい方はこちら

まとめ

ここまでの内容をまとめました。
要注意物件
  1. 新築に騙されるな
    • 壁が薄く気になるほど生活音がする
    • 隙間があり風や虫が入り込む
    • 5万円以下は要注意。相場は6~8万円
  2. 車持ちは駐車場付きを選んで!
    • 契約駐車場は空きが少ない
    • 有料駐車場では2~3万円/月かかる
  3. メイン通り物件はキツい
    • 走行音、週末が本当にうるさい
    • 街灯で明るすぎる
    • 排雪が追いつかない時は危ない
生活音が聞こえるということは、こちらの音も隣室に聞こえるということです。

音を気にして生活するのは、かなり面倒です。

音が聞こえたり外が明るいと、ぐっすり眠れなかったりストレスが溜まったりといいことがありません。

できるだけ自分がくつろげる物件を選びましょう。
不動産屋に聞くこと
  1. 居住中の故障を無くすために
    • ストーブの耐用年数は6年
    • ボイラーの耐用年数は15年
    • 使用年数の確認と交換の交渉を!
  2. 付近の冬の道路状況
    • 不動産屋への聞き方に注意!
    • 札幌もしっかり雪降ります。除雪用具の用意を
  3. ロードヒーティング費用は?
    • 駐車場を借りてなくても払わされるかも?
    • 12月~3月に3~5千円/月かかります
冬にストーブやボイラーが故障すると最悪です。

ですがこれらはほぼ必ず冬に故障します。
備え付けの使用年数を聞いて、耐用年数が過ぎていたら交換の交渉をしましょう。


次に冬の道路状況です。
「除雪業者はくるか」ではなく
「常に車はすれ違えるか、埋まる車はいないか」
と聞いてください。

いちばん酷い道路状況を聞くことで、正確な情報がわかります。
  • ハザードマップは絶対見て!
    • 大きな街だからと言って災害が無いとは限りません
札幌は過去に豊平川が氾濫寸前まで水位が上昇したことがあります。

不安な方は河川から離れた物件を選んでください。

引越し,札幌市

Posted by wanwan08